葉酸の概要と葉酸サプリメントについて

葉酸の概要
葉酸には驚くべき効果が多くあり、よく知られている効果としては、妊娠中に葉酸を摂ることでダウン症や神経管閉鎖障害のリスクが軽減させることできたり、葉酸を摂ることにより着床がうまくいきやすいや流産の可能性を低くできる、つわりを軽くする働きがあると言われています。

妊娠中に葉酸を摂ることを薦めている産婦人科や病院は多くあります。しかし、葉酸について薦めているから飲んでいるという女性も多くいると思います。葉酸とはどういったものなのでしょうか。

葉酸とは、ビタミンB群の1種でほうれん草の葉から成分が見つけられたことからこの名前がつきました。

だからと言って葉の野菜ばかりに葉酸があるわけではなく、レバーなどの動物性の食品にも含まれています。葉酸は私たち人間の体には必要な成分で、DNAの合成などに必要とされています。

また、動脈硬化を引き起こす原因になるホモシステインを減らしてくれたり、赤血球を作ってくれたりします。

葉酸が不足してしまうと、口内炎や食欲不振、下痢などの症状が現れやすくなります。

またこの状態が続くと、動脈硬化や悪性貧血を引き起こす可能性があり、最初に説明した通り、妊娠中では神経管閉鎖障害を引き起こすことがあります。下痢や口内炎が続く場合は、葉酸を含む食品を多く摂るように心がける必要があります。

葉酸というのは熱や水に弱く、葉酸を含む食品は多くあるのですが、料理する段階で葉酸がなくなってしまっています。

また、葉酸は吸収率が悪く、摂取しにくいと言われている成分でもあります。なので、普段の食事から葉酸の成分を摂取することは難しいので、葉酸のサプリメントが推奨されています。

葉酸サプリメントと一言で言っても多くあるのでどれを選んだらいいのかわからないという女性も多くいます。

葉酸には2種類に分けられ「天然」と「合成」があります。簡単に説明しますと、天然葉酸は食べ物に含まれる葉酸のことで、合成葉酸というのは食べ物に含まれている葉酸を体に吸収しやすく変化させたものです。

葉酸サプリメントは後者の合成葉酸のことを言います。響き的には合成より天然の方が害がなく体に良さそうに聞こえますが、先程も説明した通り、天然葉酸は食事ではなかなか摂取しにくい成分ですし、吸収率も悪いです。

そこを改善して体に葉酸を摂り入れれるように作られたのが合成葉酸である葉酸サプリメントになります。サプリメントなので副作用の心配はありませんので、お腹にいる赤ちゃんに安心して服用することができます。

関連参照サイト【【葉酸サプリ人気ランキング】効果のある葉酸サプリでママの安全妊活